弁護士に依頼する場合には、必ず費用が発生します。相手との交渉にあたってもらうことになるため、必要な経費も発生するからです。その分、交渉することで保険金が増額させたりできることを考えると、デメリットではありません。自分の代理人として、交渉の窓口にできることもメリットになるでしょう。

時計弁護士に相談するところから始めることになりますが、相談料は一般的な相場ができあがっています。30分単位になっていることからも、要件などはしっかりと取りまとめ、余計な時間がかからないようにするのが鉄則でしょう。ですが、相談料を掛けても着手してくれないようなこともありますし、弁護士との相性が悪く断りたいといったことも出てきます。こればかりは相談しなければわからない部分です。さらに、弁護士としてももっと相談してほしいということで窓口を広げる意味でも、無料相談を実施しているところが増えました

無料相談に関して言えば、相談しても費用は全く掛かりません。長引いたとしても問題はありませんが、できればまとめて話ができるようにするといいでしょう。無料になっていることで、相性もわかりやすくなりますし、ハードルも下がってくるのですから、うまく利用するのがポイントです。

関連情報|交通事故被害の無料相談窓口|弁護士法人アディーレ法律事務所